« PIANO SPATIAL 感想文 ① | トップページ | 春のOoh See News  »

2011年5月 1日 (日)

PIANO SPATIAL 感想文 ②

ケイトさんとウィリアム王子のロイヤルウエディングの中継に

うっとりちゃんとなってしまったちびくまです

どーも、こんばんは

英国王室の新しい風として、お二人で大いに活躍して

お幸せになっていただきたいですね

さて、我らが兄弟、ケイトさんとモリヤ王子(←ちょい違う)

名古屋のライブも無事に終わった…かどうかは分かりませんが…多分終っていることでしょう

参加した皆さん、楽しめたかな?

初日の大阪に参加してからずっと

このライブが早くDVDにならないかな~と、なんとも気の早いコトばかり考えているワタシ

始まったばかりなのにね

動く兄弟をずっと見ていないと淋しいんだよ

淋しくて病気になってしまいそうだよ←ワタシはウサギかい?

8 Boogei Woogie Spatial

過去の2枚のアルバムのboogieと聴き比べしてみました

洗練されてきた…という言い方は正しくないかもしれないけれど

PBのboogieは基本に忠実で正統派のイメージ

今回のアルバムのboogieは、LFオリジナルなboogieという感じがします

とは言ってもワタシ、boogieのことはシロウトなんでうまく語れないよ

途中で、調子が変わるところろとか

なんだか新しい感じがして、これぞLFサウンドと言えるかな?

今まではあまり思わなかったけれど、今回初めて

踊りたい!!って思った←注※踊る姿を想像しないように



9 静かな生活

台詞の少ない、良質の短編映画を見ているような雰囲気

VTRの乾いた画像ではなく、湿り気のある映画フィルムの質感

目の前に浮かぶ景色は

外は晴天なのに、内側はほの暗い部屋

もしくは、黄昏時にゆるやかに流れる雲

台詞が少なく、役者の表情と風景だけで物語を紡ぐような映画を撮る

大好きな韓国映画の監督さんがいるのですが(ホ・ジノ監督)

彼の映画を見てるような錯覚に陥りました



10 La Flamme

ファン仲間で会話していて、よく『守也節』という言葉が話題に上りますが

えーと、あまりカッコいい表現ではないですが、これぞまさに

守也節炸裂!!な楽曲だと思います

弟くんは絶対作らない、いや作れない(?)と見た

どこがどう『守也節』なのか、説明をしろと言われても……もごもご

そもそも『守也節』自体が、感覚で自分の身についているようなものなので

コレを読んでくださっているアナタならお分かりかと…

何となく勝手にPPの el viento Ctaluna(←スペルあやしい)とつながっているように感じてしまう

勝手にスペイン、な楽曲

最初はバレンシアの火祭りをイメージしたけど、聴き込んで行ったらちょっと違う

具体的な目の前にある火ではなく

これは兄さんの『内なる炎』ですね



11 METALLOID

映画の見過ぎか、そうじゃないのか

目に浮かぶのは、近未来の荒廃した地球

メタリックな工場のような空間で

アンドロイドと死闘を繰り広げるヒーロー(←確実に兄さんではない)←え?

いや、すまん(ぺこり)

ワタシ、ロックはいまいち苦手なんだよスコーピオンズ



12 Rainy Day

ツボ! ツボ! ツボ!

ツボという点では、このアルバムの中で一番ツボにきた楽曲

弟くんはどうしてこうも、女の子のココロをくすぐる曲を書くのだろう(半泣)

でも、どんだけくすぐられても、大好きなのは兄さんなんだよ、ごめんちゃい

高音のミュート音で奏でられる雨音で

兄さんがワタシのココロをノックしてきた

イメージは『片想い』

それはおそらく成就することのない恋なのだけれど

人を好きでいることは、とても幸せなことで

でも、時々少しだけ辛くて

雨を見ながら

『あのひとは今、何をしているだろう?何を思っているだろう?』

そんなことをぼんやり考える

そんな感じかな

ちょい、イタいね

でも、たまにはイタい子ちゃんになるのもいいさ



13 月の歌

14 Presage

全く違う雰囲気の静と動が織りなす

Composer Moriya Saito の魅力あふれる楽曲

しっとりとした月を見上げ祈る風情から一転して

壮大な何かを見降ろすように

(それは目に見える何かかもしれないし、目には見えない心の中の何かかもしれない)

視点をかき回される感じ

この曲、ぜひともオーケストラで聴いてみたい

交響曲 Presage



15 Glory Moment

ワタシはこの、13、14、15の楽曲の流れがとても好き

14の胸をぐいぐいと掴まれるような終り方から、数秒間の静寂のあとに流れる15のイントロに

心がふっと、解き放たれるようなものを感じます

この曲も

この曲を作った人のことも

好きだなあと思う

本当に好きだなあと思う

うまく表現できないけれど、神様が見ているから

頑張って生きて行こうという気持ちになる感じ

このままの自分でいいから、このままの自分にプライドを持っていいから

生きなさいと、神様から言われているような感じ

ごめんね、なんだかよくわからないね


16 シャクナンガンピ

初めて聞いた時、何だか意味も無く泣けてきた

柔らかな優しい旋律の中に

したたかさや、意志の強さや、美しさを感じる

この花のように生きていけたらいい

そういう意味では、先の15とつながっているのか?と、今ふと気付きました

多様な音の創造の天才、Keito Saito の真骨頂

勝手な解釈でいろいろ書きましたが、許してね

これがワタシのスパシアルです

また兄弟のこと大好きになったよ

ライブに行きたいな

今日の告白☆

最近、仕事で失敗ばかり

それも、小さなケアレスミス

焼きが回ったか…(泣)

以下、こっそり追記

何気に、こんなトコにムービー貼られてた

FCのムービーとほぼ同じなのですが

おヒマな方はどうぞ

こちら→しゃべる兄弟

|

« PIANO SPATIAL 感想文 ① | トップページ | 春のOoh See News  »

コメント

母似でイケメンだったウィリアム王子が、なんだか残念な事になっていてショック大!
基本、おヒゲとおハゲは苦手です…

兄さんお得意なあのノリ大好き♪♪
それと、終盤の3曲いや、ラスト含め4曲は心にガンガン響きます♪
(ホントに泣いたよ…)
でもね、お年頃だから毎度寝落ちして前半3曲で意識飛んでます(涙)
GW中は頑張って聴くっ!

ツアーパンフ届いたので、密かに評論家?さんの解説と答え合わせしてみた今日この頃…どう感じるかは自由だー☆
(意外と自分、フツーな解釈してました…つまんない感性だな〜)

投稿: aska | 2011年5月 1日 (日) 11時39分

顔は母似だけどデコから上は父さん似なのねウィリアム
基本汚らしくなければヒゲもハゲ(←程度によるがザビエルならスキンにして欲しい)も大丈夫です 
『守也節』分かる~~~~~!!
言葉で説明するのは難しいけど、兄さんの中のメラメラとした熱い、なんかこう血が沸くような感覚?
 
スパシアル聴けば聴く程味が出て来て美味しくなってます~☆

投稿: miyu | 2011年5月 3日 (火) 23時43分

askaちゃん♪

きゃ~、askaちゃん!
兄弟ファンなのに、おヒ●とおハ●は苦手なんて言っちゃダメだよ~
ワタワタワタ(滝汗)←でも秘かに爆笑中

GW中に頑張って聴けましたか?
兄さんのノリ、いいですよねぇ
後半は本当にドラマがある感じです
いやもう、兄さん本人がドラマみたいな感性のだから…

ファン一人ひとりがある意味評論家
askaちゃんの『ワタシのスパシアル』も大正解ですよ

投稿: ちびくま | 2011年5月 5日 (木) 20時21分

miyuちゃん♪

そうそうそうワタシも、顔はママ似でカッコいいのに…残念…とか思っちゃったよ
基本、清潔感があれば問題無し
つうか、オトコはそんな小さいコトを気にしちゃいかんよ
オンナも意外と気にしてないもんだよ
って、誰に言ってるんだワタシ?

『守也節』わかってくれてアリガトウ
なんだかホントに説明は出来ないんだけど
ああああああ~こりゃ、間違いなく兄さんだわ
と、聴いた瞬間に思う

PIANO SPATIAL
毎日ヘヴィロテですが、日々新鮮だし
絶対飽きないですよね

投稿: ちびくま | 2011年5月 5日 (木) 20時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« PIANO SPATIAL 感想文 ① | トップページ | 春のOoh See News  »