« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »

2012年6月

2012年6月29日 (金)

祭りの後

発表会が終わってから、何だか燃え尽き症候群的なちびくまです

どーも、こんばんは

燃え尽き症候群だから、ほんとうに何にもしたくなくて

好きな音楽でも聴きながら、ぼーっと遠くを眺めるような

そんな時間を過ごしたいのだけれど…

過ごしたいのはヤマヤマなのだけど…

何せ月末が近くて仕事はどんどん降ってくるし

疲れたから有給取ろうかなと目論んでいたら

他の人がばんばん休んじゃうし

そんなわけで、働きづめな今週でした

ああ、やっと明日は休みだよ(嬉)

さて、バッハのインヴェンション第一番

さっそうと弾きこなすハズでしたが

拍手喝さいを浴びる予定でしたが

予定は未定

ステージに上がる前、こっそり

『兄ちゃん、側にいてね』 と、ココロでつぶやいたりしたものの (←イタい)

あり得ないところでミスタッチ

数秒の沈黙と迷い

正しい音を探して鍵盤の上でジタバタと泳ぐ指先と

これまた現在地を探して楽譜の上をオロオロと泳ぐ目線

去年と全く同じじゃん!

ああ、これってデジャヴ??

ザッツ・二の舞??

でもね、去年と違うちびくまがココにいたぞ

去年より小指の先くらい成長したちびくまがいたぞ

ミスタッチしたところから再度トライ

そうしたら、不思議と指が動き出した

鍵盤が見えてきた

(↑おかしな表現かもしれないけど、まさにそんな感じ)

苦手だった山を越え谷を渡り

あれよあれよという間に、なんと最後まで弾き切りました

ステージから引くと、先生が待っていて

ちびくまさん!よく持ち直しました!すばらしかったです!

と、言って下さいました 

やっぱり兄ちゃんが側にいてくれたのかなぁ

年に一度の発表会は楽器店の主催なので

他の楽器を習っていらっしゃる方々の演奏も楽しむことが出来ます

とても印象的だったのが、トランペットで参加されていた62歳の女性の方

若いころから憧れていたトランペットに挑戦することが出来て幸せ、とおっしゃっていました

きっと子育てや、お仕事で忙しくてご自分の時間が取れずにいたのでしょう

そして今、やっと自由にトランペットが吹ける

彼女が演奏するアメージンググレイスは

まだよちよち歩きの赤ちゃんといった雰囲気でしたが

生きる喜びや、未来の夢が本当に心に強く伝わってくる、そんな音でした

ちびくま泣きました

発表会の前の一週間ほどは、その緊張感がいやで

早く終わればいいのにとずっと思っていましたが

自分の演奏が終わって客席にもどると

急に淋しさがこみ上げてきました

祭りの後の淋しさって、このことかしらね?

もう一度ステージに上がってグランドピアノを演奏したいな

もっとたくさん弾きたいな

もっと練習したいな

もっと上手になりたいな

もっと…もっと…もっと…

また1年後、頑張れる自分でいますように

そしてまた、ほんの少し成長していますように

『ことりっぷ 横須賀 三浦半島』 が発売になりました

Hyoushi_1thumb180x2184047_2

詳しくはコチラへ→昭文社さんのサイト

ちびくまはさっそく あまぞん にて注文いたしました

早く届かないかな~ わくわく♪

9月2日はこの本を片手に横須賀をぶらりしたいと思っています

一年ぶりに帰る横須賀、元気でしょうか?

星に願いを☆

7月1日、大阪がお天気でありますように

| | コメント (4)

2012年6月23日 (土)

お祭り

明日はお祭りです

年に一度のお祭りです

ホールのステージで、グランドピアノが弾けるのです

これをお祭りと言わずして、何と言いましょう?

お祭りは楽しまなきゃ

思いっきり楽しまなきゃ損!

ピアノを大好きなこと

レ・フレールのお二人が大好きなこと

その想いをステージで私なりに歌って (歌うような気持ちで弾いて) 頑張ってきます

ミスタッチなんて気にしない

リズムが乱れてもなんのその

だって私は誰の為でもない

自分自身の為に、自分自身の想いを表現するために

ピアノに向かうのだもの

天気予報では明日も雨

でも柔らかな音符のシャワーのような

きっと、そんな雨が降ると信じています




☆コメレス待っててね

| | コメント (4)

2012年6月20日 (水)

とうようズ・デイ

とうようさんが亡くなって一年。

その志を受け継ぐミュージシャンたちがあつまって繰り広げる一夜限りの宴。

出演:Sandii(シンガー・クムフラ)
   山内雄喜(スラックキー・ギター)
   レ・フレール(ピアノ)
   佐藤祥子(ピアノ)

公演日程:2012年7月21日(土) 開場16:30 開演17:00

会  場:武蔵野美術大学美術館 美術館ホール

     入場無料

      ※先着200名。定員に達した場合、入場をお断りする場合もございます。

お問い合わせ:toyos.day@gmail.com

公式サイト:http://toyos-day.com






レ・フレールのことを、とても気にかけてくださった中村とうようさん

そのお気持ちを忘れない為にも

可能な方はご参加ください

| | コメント (2)

大阪夏の陣

まだまだ梅雨の真っただ中ですが

もうすぐ夏ですねぇ♪

夏と言えば野外音楽のシーズン

外で音楽を聞きながら飲むビールは旨い!(←やっぱソコ)

そんな中、急きょ我らの兄弟 レ・フレールのお仕事が決定致しました



OTODAMA SEA Studio 大阪夏の陣

7月1日(日) 15:00~

大阪城野外音楽堂


詳しくはコチラへ→キョードー大阪さんのサイト



(まだ兄弟出演の情報はアップされていません)

出演はなんとも豪華なメンバーの皆様

こんな中に我らが兄弟を入れていただけるのですか?

ありがたい

申し訳ない

(ぺこぺこ)

指定席と自由な芝生エリアとあるみたい

芝生の上で聴くレ・フレールサウンドも新鮮ですね

野外で聴く兄弟のピアノはどのように響くのでしょう?

ホールとはまた違った感覚かな?

きっと 『空へ』 を弾いてくれるに違いない

DVDにあった、青空の下での演奏のように

兄弟も伸び伸びと音を生み出してくれることでしょう

空へ、空へ、そして宇宙へ

大阪の街から舞いあがろう

関西方面の乙女さん

関西の方ではなくても、遠征しちゃおうかしらんなんて目論んでいる乙女さん

急げや、急げ

チケットはもう発売中ですよ!

そうそう、野外ですから紫外線ケアもお忘れなくね

水分補給もしっかりと

どうか、お天気に恵まれますように



兄ちゃん、外は暑いから

涼しいカッコで演奏しようね♪

| | コメント (2)

2012年6月16日 (土)

Rainy day

雨が降っています

梅雨空です

本日も LuLu LaLa アナタのちびくまがお送りします

お付き合いください←何のオープニングだい?

どうやら我が街には大雨警報が発令された模様

梅雨入りはしたものの、しばらく雨らしい雨が降ることも無く過ぎていましたが

今日は本当に Rain Day です

兄さんが奏でる美しい雨音のように可憐な降りではないのですが

せわしなく続いた一週間に、ちょっとだけ休符を入れてくれるような本日の雨です

こんな雨の日はお家で過ごすに限りますね

基本インドア派なので、晴れでもあまり外出はしませんが

こんな雨だとまさに、インドア派の本領発揮!といった雰囲気で

お家を満喫します

本日のBGMは バッハ 無伴奏チェロ組曲

ロストロポーヴィッチ大先生の演奏でお送りしています♪~♪~

え? ああ? 聞こえない?

そりゃそうだ

明かりもつけていない暗い部屋によく似合う選曲

暗いの大好き

部屋中を煌々と照らす照明は大の苦手です

夜もぼんやりとした白熱色の灯りと、部分照明があればそれで満足

職場で一日中蛍光灯に照らされ、電話に追い立てられた生活をしていると

雨降りで、暗くて、静かな部屋というのは

まさに至福です

レ・フレールのお二人の復興支援活動も無事に終了したようですね

14日は岩手県・宮古市で幼稚園などを訪問して楽器を寄贈

(楽器は宮古市の楽器店で購入したそう)

15日は福島市で復興支援ライブ

岩手や福島の夕方のニュースで、映像が流れたり

会場からの生中継があったりして、盛り上げていただけたようで

ありがたいお話です

記事が出ているかな?と、ちょいと検索してみましたが

なかなか見つからないので、この件はまた後で

ついったを眺めていると、福島のライブに参加されていた皆さまの反応も

嬉しくなるものばかりで

例えば


お客が静かな福島でめずらしく盛り上がり

ノリノリでタオルを振り回しているおじいちゃんがいた


というつぶやきに、思わずクスクスと笑ってしまったりもしました

おじいちゃん、楽しんでいただけたようで何よりです

本当ならば、何事も無ければ

昨年の9月に開催されるはずだった福島でのライブ

時間はかかったけれど、やっと約束が果たせたね

ありがとう

明日は PIANO SPATIAL Final

アルバムの発売から、1年以上ずっと走り続けた兄弟

どうか無事にそして盛大に終了することができますように

参加される皆さま

最後の SPATIAL を目に焼き付けてきて下さいね

ちょいと横須賀のお話

ずっと行きたいと思い続けていた横須賀美術館

一足早くTVで堪能できそうです


BS 日テレ

ぶらぶら美術・博物館

6月19日 (火) 20:00~20:54


横須賀美術館で開催中の

『アメリカ美術を変えた日本人画家・国吉康雄展』

が、特集されます

よろしかったら見てね


横須賀美術館

海のそばでロケーション抜群(らしい)

併設のレストランも素敵に美味しい(らしい)

ミュージアムショップのオリジナルグッズも可愛い(らしい)

今のワタシにとっては、すべてが らしい!ので

早くこの らしい!を解決すべく訪ねてみたい場所です

今日のひとりごと☆

ビタミンL は乙女のエナジー

本日もせっせと ビタミンL の摂取に励みましょう

過剰摂取しても、決して害にはなりません

不足すると、大変キケンですのでご用心

あ、ちなみに ビタミンL の『える』 は

れ・ふれーるの 『える』 だよ

れじぇんどの 『える』 じゃないよ←わざわざ言ってみた

| | コメント (2)

2012年6月13日 (水)

ユニバーサルクラシックス

ユニバーサルクラシックス・アーティストサイト

久し振りに立ち寄ったら、素敵にリニューアルされてました

え? もう知ってた?

なーんだ、知らなかったのワタシだけか~ちぇっ!

てなわけで、まだの方はぜひお立ち寄りを!

左サイドの 『LF お仕事のお部屋』 にリンクがあります

見たことがある写真なのに

まるで初めて出会ったかのようにドキドキ…

| | コメント (4)

2012年6月10日 (日)

月刊ピアノ6月号

ピアノの発表会が2週間後に迫り

なんだかすでに開き直った感のあるちびくまです

どうもこんばんは

バッハのインヴェンションが決して完成されたわけではありません

いや、永遠に完成されることは無いと思います

しかしさすがに3回目の発表会となると

度胸がつくとでも言いますか、色々な切り抜け方を身に付けたようで

たとえば、うまく弾けるかどうか不安な箇所の前には

勝手に短くワンクッション置いて、ちょいと息を深く吸ってみるとか

(カッパのスタンプを押すという手もある)

万が一ココで間違ったら、ちょいと飛んでココから行ってみようと決めていたりとか

ああ、ある意味ちょいとズルイですな

実力相応に間違えずに弾き終えることが、本当は一番の理想ですが

そもそも、発表会だけがワタシのピアノ人生の目的ではないのだよ

と、言い訳してみたりして…

が、しか~し

根が 『エエかっこしい』 なワタシなので

本音は颯爽とステージに登場して

颯爽とバッハを弾いて

颯爽とステージから退場したい~!

ちびくまさんって、スゴイわね!とかとか言われたい~!

ま、誰も言ってくれないけどね

はい、結局何を言いたいのかわからなくなったところで

炊飯器がピー!と鳴ってゴハンが炊けたようなので

今から晩飯をもりもりもりもり食べてきます

また後ほど

口内炎は痛いけど、炊きたてのご飯でカレーをもりもりもりもり食べてきました

食べながら、日曜夜の恒例 『モヤさま』 見てたら

あまりの可笑しさに、鼻からご飯粒が出そうになったぞ

(お下品で申し訳ない)

さてさて、昨日の和泉でのライブはどうだったのでしょう?

某所でのスタッフさんらしき方の報告も未だ無く

もうぶっちゃけ、有料とはいえモバレフの方がまだ良かったかな?

とかとか思ってしまう今日この頃

(↑ココはオフレコでヨロシク)

昔のことを懐かしむのは、年取った証拠かしらね?(泣)

ではでは、今頃 月刊ピアノ6月号

ネタ切れしたら書こうとずっと思っていたら結局今になっちゃった

(あと10日もすると7月号が発売なんすけどね)

連載2回目 お題目は 『ヨーロッパツアーに出かけています』

ヨーロッパで7年暮らした兄さん

湿気が多いと息苦しく感じてしまうそう

うむむ、ヨーロッパの乾いた空気感は一度だけ体験したけれど

確かに気温は高くても乾燥しているから過ごしやすくはありますね

しかし日本に生まれ育って●●年のワタシでも

梅雨から夏にかけての時期は大の苦手

一生かかっても慣れないような気がする

毎年修行のような心境です

今、この時でさえ 『ああ、早くクリスマスが来ればいいのに』 とかとか思っちゃう←すっ飛ばし過ぎ

ピアノは湿気が大敵…なので

サイトウ家にあったアップライトピアノ

雨の日はハンマーが膨張して戻らなくなったこともあり

練習が出来なかったそう

ココでの弟くんの発言がステキ

『雨の日はピアノは弾かずに、雨が降るのを見ていました』

あのー、ちょいと空想しただけで絵になり過ぎなんですけど…

国が違えばライブでの反応もまたそれぞれ

ヨーロッパのお客様は気に行って下さると

ずっと長い拍手を送って下さるそうな

逆に気に入らないと、咳払いをして出て行ってしまうこともあるそう

なんとシビアな世界

しかし、だからこそ、クラシック音楽がここまで発展してきたのでしょうね

アーティストはお客様によって鍛えられるのだ

よっしゃ、これからビシバシ兄弟を鍛えましょう!(違)

韓国のお客様は言わずもがな

あ、ちなみに韓国は 『アジアの中のラテン』 と言われていますから

ノリに関してはピカイチです

一緒になって盛り上がって楽しむ感じでしょうね

ちょいとお写真チェック

あらやだ、5月号と同じなのね

いったい何回分を一度に撮ったのかしらん?

それとももりや……じゃなかった、もしや (指が勝手にもりやと動くらしい)

一年間コレですか?

と、問いかけたところで返事は無いけど…

ちなみに兄さん

お写真撮るときは、ちょいと背筋を伸ばした方がいいよ

その方がお腹のあたりにシャツの微妙なシワができなくていいと思う

ああ、大きなお世話っすね

スミマセン

でも微妙なシワがあっても大好きだよ←結局コレ

今日のひとこと☆

発表会の日、ステージに上がる際

司会の方がコメントを読んで下さることになり

『100文字以内で考えてきて下さい』 と、原稿用紙を渡されました

で、3分で考えたのがコレ

ゼロからの出発でピアノを始めて3年が過ぎました

初めて鍵盤に触れて音が出た時の感動を忘れることなく

これからも日々音楽に向き合えることが出来たらと思います

と、カッコよくナレーションされた揚げ句、どうもズッコケそうな気がする

(ズッコケ←昭和な表現でごめんよ)

| | コメント (0)

2012年6月 7日 (木)

LARGO

ルクセンブルク大使館より、お知らせをいただきました

7月5日・6日にコットンクラブにてルクセンブルクのジャズ・ユニットがなんとフリーライブを開催!

予約が続々入っているようですので、ご興味ある方はお早目に。

http://www.cottonclubjapan.co.jp/jp/sp/2012/0705_largo/






うーむ、都会はいいなぁ

田舎も田舎なりにいいけどね

♪コメレスお待ちくださいませ(ぺこり)

| | コメント (0)

2012年6月 4日 (月)

OTTAVA foresta

月曜日の朝は、なんとなく気分が乗りませんねぇ

そんなワタシとアナタには

やはりこれがイチバン効きます!

弟くんの笑顔をエナジーに

今週も張り切っていきましょう!

OTTAVA foresta 鈴木万由香さんのブログ



セットリストもありますよ

さー!

頑張って仕事しよ!

ところで、兄ちゃんはどこで何してる? ん?

| | コメント (2)

2012年6月 3日 (日)

宝物

発表会が迫ってきました

昨年の発表会が終わった時

ヨシ!来年はちゃんとやる!ジタバタしないでしっかり練習する!

と、固くココロに誓ったのですが

いやはや、学習能力が無いと言うか、なんというか

人間って同じことを繰り返すもんだね

今回3回目の発表会参加ですが

2度あることは3度ある?

3度目の正直?

いったいどっちに転ぶのでしょう?

通っている楽器店のピアノ室は、空きがあったら借りられるそう

今度、ピアノ室を借りて、じっくり本物のピアノに向かおうと思います

(サクラには内緒にしといてね)

家の中での練習は

ただでさえ集中力のないワタシにとって、雑念と誘惑との戦い

オヤツがある!

コーヒーが飲みたい!

ちょっとトイレ!

あ、ケータイにメール来てるし!

バンゴハン何にしよう?

兄ちゃん元気かな?

とかとか……

皆さんもそうですよね?

え? ワタシだけ?

すまんね、何せちびくまは煩悩のカタマリなんだよ

ヨーロッパライブ鑑賞ツアーに参加していたお友達、Jさんから絵葉書が届きました

出発前に、ルクセンブルクから絵葉書を出すね!とおっしゃって下さって

楽しみに待っていたら

有る日我が家の郵便受けで、こっそりワタシの帰宅を待っていた

S_img_0567

嬉しいルクセンブルクの切手と、そして消印 (ライブの翌日だよ)

なんと!裏面にはJさん手書きのライブのセットリスト付き!

きゃーん!

ではでは、Jさんのご好意に甘えて

ヨーロッパツアー、ライブ in ルクセンブルク

セットリストをご紹介いたします (拍手)



Program


EARTH

To The Sky

Spharen

La Flamme

Rainy Day

SAMURAI Funky

Boogie Woogie Improvisation

La Vie Sereine

Chant de la Lune

Presage

mascarade

For Kids'

Boogie Woogie Spatial

Follow me!

Shakunanganpi

-Encore-

On y va!& Boogie imp



21 05  2012  Philharmonie Grand Auditorium / LUXEMBOURG




ヨーロッパならではのセットリストですね

おやおや、Glory Moment 入ってないのね? とか思っちゃったけど

でも、SAMURAI Funky や、mascarade もマストアイテムだものね

きっと頭をひねりにひねって考えた曲目なんだろうな〜

実はちびくま、i Pod で、この順番の通りのプレイリストを作りました

通勤の楽しいお供です

気分はルクセンブルク! 車窓は九州の田舎! ひゃ〜!

さてさて、このJさん、もうひとつワタシにスパシアルな…じゃなかった

スペシャルアンコール(?) なお土産を抱えてきて下さった

Jさん、こんな重くて大事なものをありがとうございました (感涙)

それは、コレ

Luxwine01

ラベルの部分は、コチラ

S_img_0560

なんと、兄弟のオリジナルワイン

それもルクセンブルク産の白ワインです

兄弟の名前と、ルクセンブルクでのライブの日付入りの

まさにスペシャルなワインなのだ

目にも鮮やかなブルー

何とも素敵な、洗練されたエスプリを感じさせるデザインですね

最初、レ・フレールのオリジナルワインの話を伺った時

何となく、兄弟の顔写真がプリントされたベタな (失礼!) イメージのラベルを想像していたのですが

良い意味で、裏切られました〜!

のんべえなワタシと知って、買ってきて下さった (かな?) このワイン

ええ、ええ、飲みたいですよ

今すぐにでも、コルク栓をポン!と行きたいところですが

絶対!

一生!




飲ーめーまーせーん〜ん〜!!!




いつも目につくところに飾って、彼の地へ想いを馳せようと思います

遠いヨーロッパの美しい国から

空を飛び、海を越え

アジアの小さな街にやってきたこれらの二つのもの

私の大事な宝物になりました

S_img_0591

と、いうわけで先日の 『ごごばん』 のお写真で

パーソナリティーのお二人が手にしていたのは、このワインなのでした

今日のカウントダウン☆

守也さんと圭土くんに会えるまで、あと……47日

ピアノの発表会まで、あと……21日……ひゃひゃ〜!(笑ってゴマカシてみた)

あ、OTTAVA 行かなきゃ〜♪

行ってきた

思いがけず Courage!が聴けて泣けた

楽しかったよ、ありがとう

| | コメント (8)

2012年6月 1日 (金)

ごごばん

無事に放送が終わったようですね

関東の皆さまは、兄弟の声を楽しむことができたかな?

番組サイトにお写真入りで紹介されています

ニッポン放送 ごごばん



4時 『ちょっと気になる話』 を見てね

おっと兄さんそのベスト姿、どっかで見たような

今のお気に入りコーディネイトでしょうか

そして、司会のお二人が手にしているのは果たしてなーんだ????

↑このお話はまた後日

今回のゲスト出演は、まみさんからのリクエストだったとか

嬉しいお話ですね

| | コメント (0)

« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »