« ぶらり横須賀 2012 その1 | トップページ | BEST OF LIVE 予約開始 »

2012年9月10日 (月)

ぶらり横須賀 2012 その2

人生において、3度目の断捨離に突入しようとしているちびくまです

どうもこんばんは

まわりを見渡して思う

いらないモノが多すぎる

言い換えると

レ・フレール以外は何もイラナイ!!

これくらいの勢いで進もう、そうだ、女に二言はナイ!

旅日記を続けます

前回どこまでお話しましたっけ?

ああ、そう

横須賀芸術劇場のホールに着席したところですね

ミラクルなお席とお伝えしましたが

どんだけミラクルかと言うと

ライブの前に送られてきたチケットを手に

芸術劇場のサイトでお席を確認した時

ううああああああああぁぁぁぁぁ~!”#$%&’@@@@

家人が 『何事か?!』 と、すっ飛んで来るくらいの大声を上げてしまいました

最前列のほぼセンター

ワタシ、今まで座席運はあんまり良くなくて

(そう悪いわけでもないんだけど)

でも地方でのライブはまあまあ

そこそこなお席をいただいたりもしていたのですが

地元横須賀で、それも結成10周年の記念ライブで

こんな席……

ああ、もうこれで一生分の兄弟運、使い果たしたわ (泣)

着席するとき、お隣の方に声をかけました

(ワタシは基本、お隣にご挨拶をしてから座ります)

関西から来られたと言う女性の方が、開口一番

『すごい席ですよね~』

ちびくま応えて

『いやもう、ホント、ミラクルですよね~』

それからお話が弾み、開始まで楽しく過ごすことができました

舞台のスクリーンには ペールブルーに Le Chemin の文字

センターよりほんの少し右側だから、手元は見えません

今日はお二人の表情をゆっくり楽しみたいと思います

ささ、始まりますよ

さて、ワタクシちびくま

ライブレポが書ける体質 (?) ではないことは

ここに来て下さる皆さまは周知の事実

もとから記憶力はないし

現場でメモする元気もないし

(メモする時間があったら兄ちゃんのこと見ていたいし)

だからゴメンね

あんまり大したこと書けないよ

最近は便利な世の中になったもので (?)

ツアーのプログラムが販売されて、その中にセットリストがきちんと書いてあるから

それを見ながらボチボチと、記憶の糸をたどることができるようになったの



※ライブが終わった後、ホワイエに貼り出されたセットリストに

乙女さんが群がって写メしていた光景も、今は昔



てなわけで、プログラムまる写しセットリスト行ってみよう

これからライブを見る方は、スルーしましょうね~

(ちなみに千里さんのステキな乱入はプログラムには書いてありません





1 Ooh See Boogie

2 Ocean

3 Joker

4 Shamrock


ここで千里さん登場で、ソロ演奏

格好悪いふられ方 ジャズバージョン

続いて、兄弟との夢のセッション

Legendary Standard アップテンポバージョン


5 Cross #2

6 灰色の空の下

7 Eagle

8 シャクナンガンピ

9 For kids

10 Boogie Woogie impro

11 On y va!

12 Club IKSPIARI

13 Le Chemin

☆アンコール

Boogie Back to YOKOSUKA

Boogie Woogie Impro with Senri




プログラムに書いてある以外の事は (書いてあることでも)

微妙にうろ覚えなので

もし違ったら突っ込みお願いします

今回のお衣装はお二人とも上下黒…だったと思っていたけど

妹たちの情報によると、弟くんが何だか少し紫がかっていたとかなんとか

ゴメン、見ていないんだよ (オイ!)

シャツの右胸に縦に鍵盤の模様、

と、ココまでは今までもあった

が、今年はこの鍵盤の白鍵の部分が、なんとゴージャスな金色

白鍵じゃなくて、金鍵って呼ばないといけないかしらね

さすが10周年だわ

でももうそろそろ、鍵盤から離れてもいいかも……うぐうぐ……(さるぐつわ?)

後で気付いたのですが、兄弟のシャツの襟の形が微妙に違っていて

弟くんは、胸元にチーフを巻いていて

弟くん派の妹たちからは

『鎖骨とか、2番目ボタンあたりのセクシーな胸元とか、そんなのが見えないからヤダ!』

と、若干不評でした

姉によく似て、ふしだらな妹たちでスミマセン

兄さん名言集

『10年経ってもこのしゃべり』

たぶん20年経っても変わんないと思うよ byちびくま

最初にOoo Seeが聞こえてきた時には、ああ、やっぱりそうだよね

絶対うーしーだよね、と思った

何だかうし子が、ピアノの周りをぴょんぴょん跳ねているようだった

きっと彼女は、その場にいたと思う

Joker

兄さんのグリッサンドが聴けるかも…と、心して悶絶準備をしていたのだけれど

DVDとはちょいと違うグリッサンドでした

いやんもう、最前列で椅子から転げ落ちるくらい悶絶しようと思ってたのに

千里さん登場

ジーンズに白地に赤の模様入りのシャツ

いつものメガネに今日はお帽子も

最初、何を弾いて下さるのだろう???と思いながら

じっと聞き入っていると

洗練されたジャズの旋律の中

耳に馴染んだ、聞き覚えのある、懐かしいメロディーが流れてきた

まさに 『格好悪いふられ方 2012』

千里さん!

掴みはOKです

スバラシイ

これで、ある一定年齢以上の微妙な乙女さんのココロのツボを

一気に捕えました

もうこれだけで、本日来た甲斐があったというもんです

格好悪いどころではありません

『格好いいふられ方』です!…てな話しは兄さんが言っていた

ステージの向かって右側に椅子が3客用意されて

千里さんを交えてのトークの時間

左から弟くん、千里さん、兄さんの順で座ります

スクリーンに映し出される写真を見ながら

一緒に10年を振り返りましょう!という企画です

このコーナー、千里さん無しでは絶対に成り立たない

ハッキリ言って、兄弟だけじゃムリムリムリムリ!

止めなかったら一人で延々しゃべっていそうな勢いの千里さん

(お声は例の、ちょっと空気が抜ける感のあるヴォイス)

どうもありがとう (泣)

お写真はたくさん紹介されたのだけど

例のごとく覚えていないので (オイ!)

と、言いますか

会場の皆さんが写真に注目している間

ワタシはこっそり兄さんばかり見てたので

(言い訳すると、最前列にいるとピアノが邪魔してスクリーンが良く見えないんだよ)

てなわけで、印象に残っているのだけご紹介



☆PIANO BREAKER ライナーの写真撮影風景

ライナーの見開き真ん中にある写真ですね

下がガラス張りになっている台に立って、ポージングする兄弟

弟くんはスパーダーマンみたいな

ロングブレスダイエット (?) みたいなポーズでカッコいい

兄さんは何だか…くすくす

その兄さんのポーズを見て、千里さんひとこと

『夏祭りみたいですね!』

ひぃひぃ~(お腹痛い)



☆宇宙飛行士野口さんとのスリーショット

たしかモバレフでも配信されたと思います

白いお揃いのTシャツ着て並ぶ3人

そこで千里さんひとこと

『野口さん、パイプの詰まりを直しに来た人みたいですね~』

爆!爆!

ちびくまツボを突かれました

もう笑いが止まらん!

ステージの上は次の話題に入っているのに、

未だ 『パイプの詰まりを直しに来た野口さん』 の笑いを引きずり

一人肩が揺れていました

しかし、今さらだけどこの野口さんとのセッションの話

NHKの夜の7時のニュースで、トップで取り上げてもいいくらい

大ニュースだと思うのですが

なんでこんな地味な扱いになっちゃったのかしらん



☆インプロ中に跳ねてる兄さんの写真

千里さんひとこと

『もはやピアニストではありません』


兄さん名言集

千里さんのヒゲを見ながら

『ボクはココにしかヒゲが生えないんです』

トークの後は、お楽しみ

伝説のシス・マン (時折サンク・マン)←兄さん片手率高し

Legendary Standard の シス・マンバージョン

千里さんが、『もうドキドキする~!!』とおっしゃっていましたが

始まってみれば、なんとも楽しげな3人

見ているコチラまで、楽しさが伝わってきて笑顔になります

で、千里さん

両手の甲に、肌色の湿布みたいなの貼っていらっしゃったけど

大丈夫だったのかな?

帰国して、思わず張り切りすぎちゃったんじゃないのかな

若くないんだから、あんまり無理しないでください←あ、スミマセン (ぺこり)

Cross#2

クロス三部作の中で、一番好きなのがこの#2

(皆さんはどれが好き?)

今日はちょっと贅沢な聴き方をしてみようかなと思い立ち

目を閉じて聴いて見ることにしました

ステージのお二人を目で追いながら聴く音とも違う

ipod で耳を傾けるいつもの音とは、もちろん違う

耳が…というより身体全体が包み込まれるような

不思議な感覚

私と兄弟のピアノとの間に、遮るものが何一つない空間

なんて贅沢なひと時なんだろう

正直、なんだか身体が浮遊するような感覚でした

Eagle

ライブでは久し振りに聴くような気がするなぁ

Eagleを弾くときに、兄さんは顔がちょっと変わるから

その変化する表情を眺めるのも楽しみ

じっと見つめてしまいました

うん、今日もやっぱりどこか遠いところに飛翔してしまったね

Club IKSPIARI

9月8日のブログでも書きましたが、Club IKSPIARI さんの閉店が決定しているそうです

そんなことになると知っていたなら

もう少し、じっくりと、心で聴きたかったなと思う

ワタシは

いつか王子様が→美女と野獣

星に願いを→ホールニューワールド

この2か所のメドレーの部分が大好き

女子はいくつになってもプリンセスに憧れるもの

ああ王子様、ワタシはココです (うっとり目線) ←誰に向かって言っているのだ?



余談ですが 『王子様』 と表示したくて

間違えて 『おおじさま』 と、入力

変換すると 『おオジサマ』 になってセルフで大爆笑

当たらずとも遠からず←え?

皆さんはきちんと 『おうじさま』 と入力しようね

Le Chemin

新曲が聴けるとは思ってもいなかったので

サプライズな贈り物を受け取ったような気持ちでした

聴いていると、最初は兄さんの曲かなと思っていたのですが

途中から、いやいや、これは弟くんの曲だ!と思い直して

終ってからパンフレットを見ると

やはり弟くんの楽曲だった

今まで頑張ってきた道を振り返り、誇らしく思うような

目の前に広がる大地に、夢を抱くような

そんなイメージ

もう一度聴きたいな

次のアルバムに入るといいな

BBtY

この曲を弾かないと、この曲を聴かないと帰れないよ!

と、思っていたら

アンコールで登場しました

ちびくま嬉しくて、思わず ふぉー!と叫んでみた

(普段はあまり、いや、殆ど叫ばない)

(一度くらい叫んでみたいよ………守也さーん!) (泣)

楽しかったな

こんなに楽しいBBtY、初めてかもしれない

(周りの方もマナーが良い方ばかりだったし)

もちろんスタンディングオベーション

最後のアンコールでは、千里さんも引っ張られる感じで登場

そうだよ、千里さんのピアノも聴きたいよ

伝説のシス・マン、本日2回目

ああああー、嬉し、楽し、ダイスキ

このままず~っと弾いていなさい、君たち (←上から目線)

演奏が終了した兄弟と千里さん

お互いに握手とハグの応酬

ワタシも仲間に入れてくださ~い! ハグハグハグ!

この日のライブは、今までになく本当に時間が短く感じられ

まさに、あっ!と言う間に終わったというのが正直な感想です

幸せな時というものは、とてつもない速さで過ぎ去ってしまうものなんだね

いつもよりも、とても力強く感じられた兄弟のピアノ

頼れる兄貴的存在の千里さんが

ぐいぐいと兄弟を引っ張ってくれたような

だからなお一層、楽しめたのでしょうね

ライブが終了して、座席を立ち、ホールから出る瞬間は

実はとても淋しいはずなのに

今日は充実感でいっぱいでした

ありがとう、兄弟

ありがとう、千里さん

人だかりも随分と引いたので

過去のお衣装展示コーナーへ

一番目に付いたのは、オニツカさんのスニーカー

名前は忘れたよ

えと、なんだか和風と言うか、アジアと言うか

そんな着物柄みたいな模様

あ、これも PIANO BREAKER のライナーのお写真で履いていたみたい

こんなん履きこなせるのは兄弟しかいませんよ (断言)

でも、私が一番好きなお衣装は

実は展示がされてなかったので、ちょいと淋しかったけど

それはDVD BBtTで着ていた、シンプルなもの

兄さん→黒シャツ・白パンツ

弟くん→白シャツ・黒パンツ

兄弟のカッコよさは、実はこんなシンプルな衣装でこそ

なお、際立つものだと思いますぞ

時間の関係で帰らなければならないお友達とは

ここでお別れ

また今度ね、バイバイ!

さて、本日はヨコスカ泊まりのKちゃんとワタシ

泊まらないけど付き合っちゃうわ!のYぴょんちゃんとTちゃん

4人で打ち上げしましょ!と、手っ取り早く

どぶ板にある中華ファミレスに入りました

兄弟の 『ぶらり横須賀』 のDVDにも、チラリと映っている●ーミヤンね

取りあえずビール! 取りあえず餃子!

えーと、酢豚! それから天津飯!それからそれから…何食ったっけ?

いやー、ライブの後のビールは旨いね (何度も言ってるけどね)

イイ男の話をツマミに飲むのも、また楽しいね!

と、言いつつビール飲んでるのワタシだけ

一人で酔っ払って申し訳ない

酔っ払いついでに、ツアーパンフレットを取り出して眺めてみる

ひゃひゃひゃひゃ~

兄ちゃんのプロフィール写真を眺めていたら、笑いが止まりません

なぜだかわからないけれど、後から後から笑いがこみあげてくる

たぶん嬉しいんだろうね

たぶん楽しいんだろうね

兄さんのお写真が、あまりにカッコいいからね

ちびくまって単純だね (今に始まったことじゃないけど)

そして、2杯目のジョッキも飲み干し

Tちゃんはお手洗いへと行ってしまい

ほろ酔いで、窓の外のどぶ板通りをぼんやり眺めていた時

ミラクルが起こりました

千里さん、兄弟、スタッフ数名が

ガラス越しの通りを歩いてくるではありませんか!!!!!!

んんんぎゃぁぁぁぁぁ~(ココロの叫び) (じたばた、じたばた)

あわててKちゃん、Yぴょんちゃんに知らせる

『窓の外を見て!』

ああああ、Tちゃん、ナゼにキミはこんな時にトイレに……

おそらくライブの後の打ち上げにでも出かけていたのでしょう

場所はきっと ●●●ですね←伏せ字の意味なし 

(多分アルファベット3文字ね)

夜はとっぷりと暮れていたし、暗い通りだったのだけれど

やっぱりオーラがある人は、一目でわかりますよ! ねえ千里さん!(え?)

ほんの数秒のガラス越しの出会いだったけれど

嬉しかったな

縁、タイミング、偶然、不思議だね

(その後お手洗いから戻ったTちゃんが、しばらく茫然としていたのは言うまでもない)

お友達を見送って、ホテルに戻ることに

明日の朝食の時間を約束して、Kちゃんもワタシもそれぞれの部屋へ

シャワーを浴びて、短いブログをアップして

横になったまま、またパンフレットを眺めてみる

あんまり眺めていると穴が開きますよ

いいよ開いても

その為に2冊買ったんだもん

くっくっくっ…やっぱり笑いが止まりません

もしかしたらワタシ、今

世界一おマヌケで、アホで、でも一番幸せな人間かもしれんな

んなこと考えてたら…

ぼんやりと…

意識が…

遠のいていきます…

ああそうだ…

ワタシ昨日あんまり寝てないんだ…

兄ちゃん、おやすみ……




その3に続く

今日のBGM☆

千里さんのアルバムを聴く

boy mature slow

ヘヴィロテ確定です

(Kakko Warui Hurarekata 入ってますよ!)

|

« ぶらり横須賀 2012 その1 | トップページ | BEST OF LIVE 予約開始 »

コメント

ちびくまちゃん
超大作 お疲れ様でした

千里さん〜格好よかったね
千里さんがいらっしゃらなかったら…絶賛想像中
ぶんぶん、想像するだにまとまらない気がする


ああ、楽しかったね

続きが楽しみ

投稿: kyara | 2012年9月10日 (月) 21時46分

最前列のセンターなんて、なんて素敵な!

以前「I列センター」を「1列センター」と勘違いしていた事を、席に着いてから気がついて奈落に落ちたおバカです

今回はA列!、が…学習効果のお陰でしば~らく考えました、AA・BB・A・B・Cンダヨ

ちびくまさんは、兄さんの顔よーく見えましたか?
私は、120度に曲げた兄さんの右手指第2関節ガン見させて頂きました!
あの120度に曲げた指~♪(^^)♪

明日は、4列目センター
120度の指がぁ~

投稿: jonko | 2012年9月10日 (月) 23時37分

こんにちは!
ごぶさたしてます。
どぶいた通りを兄弟が歩いて行ったくだり
読みながらェ~!と声を上げてしまいました。
なんと幸運なちびくまさん。
私も見たかった~
そそくさと帰ってはいけませんね

ちなみにcrossは1番が好きです。
あ、ブギーオンキャトルマンのです。

投稿: こうちゃ | 2012年9月12日 (水) 15時37分

kyaraちゃん♪

超大作と言うよりも、なんかムダに長いって感じ

千里さん、ホントかっこよかったね
昔々はそれほど気にも留めていなかったんだけど (スミマセン)
素敵に年を重ねている雰囲気があって
でも、若いころのお茶目な部分もあって
とても魅力的なアーティストさんだと思います

兄弟もあんな風に年をとってほしいぞ

投稿: ちびくま | 2012年9月14日 (金) 17時12分

jonkoさん♪

そうなのー、横芸って AA BB A B C の超変則なのですよね
だからワタシも AAを手にしたとき
はて?さて?とか、最初思っちゃった
兄さんのお顔はしっかりと拝見しましたよ
やっぱり、ちびくま的ど・ストライクなお顔でいらっしゃいます

120度の右手第二関節!(爆!)
あんまりナマでしみじみ見たこと無いや
じゃ、今度はその第二関節なお席を所望しましょう

名古屋のライブどうでした?

投稿: ちびくま | 2012年9月14日 (金) 17時17分

こうちゃさん♪

こうちゃさん!お久しぶりです
お元気でしたか?

どぶ板の話は、本当に自分でも
あまりのミラクルにビックリでしたよ
たまにはこんないいコトでもなきゃ
ファンやってられませんってね
あ、そそくさと帰るのが正解の場合もありますので
臨機応変に!

こうちゃさんのお話を読んで
私も Cross♯1 を聞き比べてみました
(実は初めての経験なり)
私もBoogie on の方が好きかもです
ミニアルバムのCrossも
落ち着いた感があって素敵だけれど
Boogie on のキラキラした感じが好きかな
若さがあって!
(いや、今の兄弟に若さが無いと言っているわけでは決してアリマセン)

投稿: ちびくま | 2012年9月14日 (金) 17時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ぶらり横須賀 2012 その1 | トップページ | BEST OF LIVE 予約開始 »